• HOME
  • CSR活動
  • ダイドードリンコが考える品質管理

ダイドードリンコが考える品質管理

安全・安心な製品・サービスをお届けするための体制作り

ダイドードリンコは、自販機・製品の製造・物流を外部の企業と協働しているファブレス企業です。
自社内での徹底した品質チェックはもちろんのこと、各協力工場においても厳しい品質チェックを行っています。
安全・安心な製品・サービスをお客様へお届けするために、私たちダイドードリンコは確実な品質保証・管理体制を維持し続けます。

ファブレス企業とは…

ファブレス企業とは、外部の協力企業に生産委託しているメーカーのこと。

私たちはお客様の視点に立って、安全で安心いただける製品を提供します。

  • 安心してお買い求めいただくために、法令に適合した安全な原材料のみ使用し、製品に関する的確な表示や情報提供を行っています。
  • 製造から販売に至る過程の点検・検証・改善を図り、お客様に信頼される企業であるよう努力し続けています。

製品企画段階での事前評価会議

生産管理部門・製品開発部門-デザイン表示内容・製品設計の確認を行います。-原材料規格書によるチェック・品質規格書(品質保証書)によるチェック・原産地視察(産地・加工工場等の確認)法令に適合した安全な原材料のみ使用して製品化

※食品原料には、食品衛生法による規格基準があり、有毒・有害物質や微生物に対する安全性、使用添加物等、飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止する目的で定められています。

私たちは日々品質の維持・向上に取り組み、常に高品質な製品作りを目指します。

  • 生産管理部、協力工場双方での厳格なダブルチェック体制をとり、常に安全・安心な出荷・販売体制を維持しています。
  • 各協力工場において、法令や社内規則の遵守、施設・設備の適切な維持管理、品質管理の手順・記録が適切であるかを監査し、品質管理の徹底を図っています。
  • 安全・安心は個人で達成されるものではなく、組織全体で作り上げるものであることを念頭に置き、5S(整理・整頓・清掃・清潔・習慣)の徹底と5W1H(いつ・どこで・だれが・なにを・なぜ・どのように)の考え方を基本に、日々品質管理業務に取り組んでいます。

各協力工場でのチェック

各協力工場での品質管理基準に基づき、各工程での検査、製造後の製品検査、恒温検査、微生物検査などを行っています。

生産管理部でのチェック

各協力工場から送られてくる製品サンプル確認と検査表のチェックなどを行っています。

DyDo協力工場のチェック体制-制御盤、監視盤、官能検査、モニタールーム-DyDo内のチェック体制-成分分析データ画面、燕龍茶成分抽出装置、官能検査、タンニンやカフェイン等の定量分析チェック、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)-

協力工場の監査

生産管理部・各管理項目、検査記録の監査・問題発見時の改善要求各協力工場-・品質管理・衛生管理・検査記録・ラインの設備状況-

私たちはお客様の声を大切にし、正確でわかりやすい情報やサービスを提供します。

  • すべてのお客様の声に誠実に耳を傾け、製品やサービスの改善に反映しています。また、各種情報やサービス、活動報告など、お客様が必要とされる情報を正確に、わかりやすくお伝えする努力を続けてまいります。

原材料・栄養成分一覧

製品の原材料、アレルギー特定原材料、栄養成分表示、「リン、カリウム、カフェイン」等の一覧表を掲載しています。

※アレルギー特定原材料
食品衛生法により定めた「表示義務」7品目(卵・乳・えび・かに・そば・落花生・小麦)
「表示を奨励」20品目(あわび・いか・いくら・オレンジ・カシューナッツ・キウイフルーツ・牛肉・くるみ・ごま・さけ・さば・大豆・鶏肉・バナナ・豚肉・まつたけ・もも・やまいも・りんご・ゼラチン)

お客様相談室

お客様の声を大切にするために、お客様相談室では各種お問い合わせに対応しています。

私たちはコンプライアンスを推進しています。

私たちは原材料調達から販売に至るまで、お客様の食の安全・安心へのさまざまな期待にお応えできるようコンプライアンスを推進しています。

製品開発から販売までのプロセス

製品開発:・事前評価会議にて製品設計、使用原材料の安全性確認・包装資材、表示のチェック

お客様:・お客様の声の社内共有・お客様への適切な情報開示原材料調達:・品質確認・受け入れ検査・必要に応じて原産地視察

流通・販売:・鮮度管理の徹底・保管環境の管理徹底・製品管理、販売管理の徹底製造・出荷:・品質管理規定に基づいた製造管理・製品検査・ダブルチェックによる確実な出荷判定