TOP
仕事を知る
社員04

海外事業部

(2013年入社)

現在の仕事は?

中国・香港・台湾をフィールドに幅広く事業を担当

海外事業部では、当社商品を海外で販売したり、自販機を展開したりといった業務を担当しています。このように書くと「営業をしている部なのかな?」と思われるかもしれませんが、実際には事業企画から、マーケティング、生産、品質管理まで、海外に関することであればどんなことにも対応している部です。海外事業部員はそれぞれ担当国を持っており、私の場合、中国、香港、台湾が担当国になります。これまで中国においては新規事業開発を、香港・台湾においては営業を経験してきました。

写真

やりがいは?

海外のお客様にサプライズを届けられた瞬間!

当社にはユニークな商品がたくさんあります。そういった商品を海外のお客様に飲んでいただき、「こんな飲み物、初めて!」「おいしい!」「どこで売っているの?」と言っていただけた時、とても誇らしく、嬉しい気持ちになります。これからも世界の人々にサプライズを届けていきたいです。

入社動機

海外事業のさらなる可能性を感じ、入社を決意

もともと日本製品を海外に広めたいという思いから海外事業に興味があったのですが、自由に発想でき、大きな責任を背負って仕事ができるという点で、特に新規事業開発に携わりたいと考えていました。私が入社した当時のダイドードリンコは、まさにこれから海外事業を大きく展開していく、というステージだったので、「海外」で「新規事業開発」に挑戦できると思い、当社に入社しました。

OFFの過ごし方を教えて下さい。

家でゆっくり過ごすのが好き。料理で気分転換!

家が好きなので、基本的に家でゆっくりしています。「充実したプライベート」のイメージからは程遠いと思いますが、仕事をする上で、心身の健康は大事ですので、あまり無理せず、趣味の料理などをして気分転換しています。

ダイドードリンコのここが好き!

誠実さに溢れた社風の中、気持ちよく仕事ができます

「誠実」な風土があるところが好きです。ひたむきに、誠意をこめて仕事をする方に囲まれていると、とても気持ちよく仕事ができます。

写真

あなたのチャレンジエピソードを教えて下さい!

“Japanese Coffee”というカテゴリーを切り拓く

海外のホテルに滞在すると、部屋に備え付けのインスタントの飲み物がありますが、「Japanese Green Tea」と「American Coffee」はだいたいどの国でもありますが、「Japanese Coffee」は見たことがありません。もともとコーヒーを飲む文化がないとはいえ、日本は世界トップの缶コーヒー市場であるにも関わらず、です。なので、世界に「Japanese Coffee」というカテゴリーを作りたい、それを当社のコーヒーで切り拓いていきたい、というのが、これからチャレンジしたいことです。

TOP