こころとからだに、おいしいものを。 ダイドードリンコ株式会社

トピックス

「踊育-キャリア教育プログラム-」がスタート

ダイドードリンコでは、子どもたちが地元への愛着や誇りを持つとともに、社会に出て役立つ人間関係形成力・課題対応能力を養うきっかけを提供する「踊育(だんいく)-キャリア教育プログラム-」を2017年より実施しております。

本活動は、地域に古くから親しまれている踊りや祭りの歴史や背景を学び、その所作を取り入れたダンスの振り付けを子供たちが考え、学校や地域の催事などでそのダンスを披露するまで一連の活動を通じて、チーム内の合意形成を図ることや、協力しながら新しいモノを創造する機会を提供しております。

2019年度プログラム第一回目が、5月28日に大阪府摂津市の鳥飼東小学校で開催。1年生~6年生の児童215名に参加いただきました。
今回は、藤森神社の神主を務められている森山 公康さんにご協力いただき、鳥飼地区で100年以上前から秋祭りの際に行われる「湯立神楽」という五穀豊穣、無病息災を祈る神楽について学習しました。その後、「湯立神楽」の所作を学び、その動きをダンスに取り入れるためにワークショップを実施しました。
子供たちは古くから伝わる所作を現代風ダンスの振り付けに取り入れるという、初めての取り組みに初めは戸惑いを感じている様子でしたが、徐々に意見が活発になりダンスの振り付けが完成しました。6月1(日)に開催された運動会で、湯立神楽の動きを取り入れたダンスを発表し、学習の成果を披露していただきました。

今後も取り組み内容を進化させながら、地域社会の活性化とそれを支える子供たちの社会性を育む取り組みとして継続してまいります。

古くから伝わる「湯立神学」の動きを学びます
古くから伝わる「湯立神学」の動きを学びます
「湯立神楽」の所作を取り入れたダンスを考案
「湯立神楽」の所作を取り入れたダンスを考案
キャリア教育プログラムに参加した児童とご協力いただいた皆さま
キャリア教育プログラムに参加した児童とご協力いただいた皆さま
「踊育-キャリア教育プログラム-」の活動内容やこれまでの実績

最新トピックス

一覧を見る