こころとからだに、おいしいものを。 ダイドードリンコ株式会社

製造・出荷

パートナーである協力工場とのダブルチェック体制を構築し、安全・安心な製造・出荷と品質のさらなる向上に努めています。

商品のダブルチェック体制

ダイドードリンコは商品の製造を協力工場に委託するファブレスメーカーならではのダブルチェック体制を構築。協力工場では商品ごとに品質管理基準を設け、各工程でサンプル検査を実施するほか、生産ライン上で異物が混入しないよう精度の高い仕組みを構築しています。また、各工場で製造された商品はダイドードリンコの品質管理部門でサンプル品をもとに品質チェックしています。このように厳しいダブルチェックを経たものを商品として最終的にお客様にお届けしています。

各協力工場でのチェック

各協力工場での品質管理基準に基づき、各工程での検査、製造後の商品検査、恒温検査、微生物検査などを行っています。

ダイドードリンコでのチェック

各協力工場から送られてくる商品サンプルの確認と検査表のチェックなどを行っています。

各協力工場でのチェック
ダイドードリンコでのチェック

放射性物質に対する取り組み

ゲルマニウム半導体検出器ダイドードリンコは、放射性物質測定器を用いて、すべての商品や原材料となる国産茶葉について定期的に安全性を確認しています。また、国産茶葉以外の原材料についても安全性が保証されたもののみを使用しています。

協力工場への品質保証監査

ダイドードリンコでは、商品の製造を委託している協力工場に対して、毎年、品質保証監査を実施しています。8分野150項目以上に及ぶ品質保証監査チェックシートをもとに自己評価を依頼するとともに、ダイドードリンコの担当者が協力工場を訪問して再評価しています。監査結果は協力工場にフィードバックを行い、課題に対して対策を共に協議することで、信頼関係を強化し、製造における安全性・品質の向上に努めています。
協力工場の監査

▼品質保証監査におけるチェックポイント

項目 内容
品質保証体制

会社として品質保証の体制が構築・運用されているか

工場環境・設備

安全・安心な商品を製造するための環境が整備されているか

従業員の管理

製造を担う従業員の衛生管理や教育が実施されているか

原料・資材管理

原材料の適正な発注・受入・保管ができているか

製造工程管理

安全・安心な商品を製造するための手順が踏まれているか

製品保管倉庫・出荷

安全な倉庫環境で厳格な保管・出荷管理がされているか

品質管理

適正な品質管理体制・環境のもとで運用されているか

品質保証

品質を担保するための書類や手順が体系化されているか

品質保証会議

会議中ダイドードリンコでは、協力工場を対象にした品質保証会議を毎年実施し、全ての協力工場における品質レベルの向上をめざしています。また、品質向上に向けて建設的な意見交換を通じて協力工場との信頼関係の強化を図っています。

品質保証会議でのテーマ

  • ・品質保証監査の結果報告
  • ・1年間の主なトラブル事例とその原因と対策の紹介
  • ・協力工場の担当者による品質向上に向けた取り組み事例の紹介
株式会社日本キャンパック 品質保証部 部長 小松 澄男 様
株式会社日本キャンパック
品質保証部
部長 小松 澄男 様

株式会社日本キャンパックは「品質日本一」を目標に、日々品質活動に取り組んでいます。
また、お客様の満足のため高品質な製品を求められており、その期待に熱意をもって応えていきたいと考えています。
ダイドードリンコ株式会社毎年実施している「品質保証監査」では、当社の品質管理内容を確認・共有し、その中でお互いの品質意識が高まり、良い製品づくりに結びついていると感じています。
長くお取引をさせていただいており、良い信頼関係が築かれているものと感じています。