こころとからだに、おいしいものを。 ダイドードリンコ株式会社

健康づくり

排尿トラブルについて知ろう【男性編】

トイレが近い・スッキリしない…

「夜中に何度もトイレに行ってしまう」「おしっこが出にくい」「した後も、残っているようでスッキリしない」そんな悩みはありませんか?下の図のように、その原因の主なものは 「排尿筋の衰え」と「前立腺肥大症」です。
排尿トラブルの原因①
 
排尿筋は膀胱の中央にあり、それをゆるめたり、締めたりすることで排尿を調節しています。加齢とともに排尿筋が衰えると、おしっこを出すための膀胱機能が低下し、「スッキリしない」「何度もトイレに行きたくなる」といったトラブルが発生します。
排尿トラブルの原因②
歳をとるとホルモンバランスが乱れることが、前立腺が大きくなる原因と考えられています。肥大した前立腺が尿道を圧迫するため、「尿が出にくい」「残尿感がある」などの不快な症状が発生します。
排尿できにくい状態が続くと、無理に尿を出そうとして膀胱に大きな負担がかかり、少しの刺激にも敏感に反応してしまう過活動膀胱の原因となることもあります。
こうした排尿障害は日常生活に支障があるだけでなく、放置していると排尿時に激しい痛みを伴う「尿路感染症」や、排尿できなくなる「尿閉」、膀胱結石、腎機能の低下など、深刻な合併症を引き起こす可能性もあるため、早めの対処が必要です。気になる症状があれば早めに泌尿器科を受診するようにしましょう。
恥ずかしがらずにご相談を

2020年3月25日