こころとからだに、おいしいものを。 ダイドードリンコ株式会社

「コーヒー」「コーヒー飲料」「コーヒー入り清涼飲料」の違い

嗜好品であるコーヒーの好みは人それぞれ。しっかりとしたコーヒー感を好む方がいれば、砂糖やミルクと調和した甘めのコーヒーを好む方もいます。一口にコーヒーと言っても、その種類は多岐にわたります。

一般的に「コーヒー」と呼ばれているものは、「コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約」によって、「コーヒー」「コーヒー飲料」「コーヒー入り清涼飲料」に分類されています。
① コーヒー
内容量100g中、生豆換算で5g以上のコーヒー豆から抽出・溶出したコーヒー分を含むもの。
② コーヒー飲料
内容量100g中、生豆換算で2.5g以上5g未満のコーヒー豆から抽出・溶出したコーヒー分を含むもの。
③ コーヒー入り清涼飲料
内容量100g中、生豆換算で1g以上2.5g未満のコーヒー豆から抽出・溶出したコーヒー分を含むもの。
「コーヒー」「コーヒー飲料」「コーヒー入り清涼飲料」の違い
なお、「コーヒー」「コーヒー飲料」「コーヒー入り清涼飲料」の場合であっても、乳固形分(無脂乳固形分と乳脂肪分を合わせたもの)を3.0%以上含む場合は、「飲用乳の表示に関する公正競争規約」に基づき、「乳飲料」と表示しています。

「無糖」「低糖」「微糖」の違い

コーヒーの容器でよく見かける「無糖」「微糖」「低糖」の表示。この分類は食品表示法で定められています。
① 無糖
100ml当たり糖類0.5g未満
② 微糖・低糖 <絶対表示の場合>
100ml当たり糖類2.5g未満
③ 微糖・低糖 <相対表示の場合>
比較対象品と比べ低減された量が2.5g以上
※全国コーヒー飲料公正取引協議会が定める「コーヒー飲料等通常品(糖類量7.5g/100ml)」 を使用することが一般的
「無糖」「低糖」「微糖」の違い
缶コーヒーの容器に表示された分類を正しく理解することは、好みのコーヒーを発見する手助けとなります。当社ではタイプの異なる缶コーヒーを多数ご用意しておりますので、好みはもちろん、気分やシーンに合った1本をお選びください。
「コーヒー」のラインアップはこちらをご覧ください