こころとからだに、おいしいものを。 ダイドードリンコ株式会社

私たちがこれからも持続的に成長するためには、従業員一人ひとりが学び続ける姿勢をもち、知識やスキルを常に向上させていくことで、「目に見えない資産」を蓄えていくことが重要だと考えています。また、従業員一人ひとりのこころとからだが健康で活力に満ちていてはじめて、意欲的に仕事に打ち込み、高い生産性を生み出すことができると考えています。そこで、従業員の主体的な学びを支援する制度や、健康の維持・向上を支援する制度の整備に取り組んでいます。

研修制度

従業員一人ひとりの成長ステージや職種に応じた能力開発を図るため、階層別研修(主に入社年次に応じて行う研修)や部門別研修(営業などの職種に特化した研修)を実施しています。また、将来のDyDoグループを担う次世代の幹部を育成・選抜するための長期研修プログラムなども整備しています。

<階層別研修> 若年層向けのフォローアップ研修

新卒入社5年目までの従業員を対象に、自身の成長を振り返り、さらなるステップアップを図るために習得すべきスキルを認識できるよう、年次に応じたテーマでフォローアップ研修を実施しています。
新卒入社5年目までの研修テーマ(2018年度実績)
1年目 社会人基礎力と当社知識の習得を図り、プレゼンテーション課題を通してチームワークを醸成する
2年目 1年間を振り返り(設定目標の検証・棚卸・自己分析)、現状と周囲からの期待のギャップを認識する
3年目 他者との関わりを通じて自己のさらなる成長を図るため、対人関係やコーチングについて学ぶ
4年目 「組織力を最大化できる人」になるために、後輩指導、ファシリテーションについて学ぶ
5年目 「組織を牽引できる人」になるために、インバスケットによって視野や視座を高め、今後の成長課題の棚卸しをする

<部門別研修> 営業部門向けのスキルアップ研修

営業部門を対象に、営業戦略の浸透や成功事例の共有を通じて、担当者一人ひとりの営業スキルの向上を図ることを目的に実施しています。

<次世代幹部育成・選抜プログラム>「DyDo Innovation Academy」

DyDoグループが成長を続けるためには、従業員一人ひとりが経営者マインドを持つことが大切です。そこで、次世代の牽引役を担う幹部の育成・選抜を目的に、ミドル層の従業員を対象にした長期研修プログラム「DyDo Innovation Academy」を実施しています。Off-JTとOJTを組み合わせたプログラムを通じて、問題解決力や課題解決力、リーダーシップの強化や経営リテラシーの習得を図ります。

主体的な学びを支援する制度

従業員がキャリアや人生の方針を自ら考え、その実現に向けて必要とされる能力や学ぶべき知識を習得できるよう、通信教育講座やe-ラーニングを設け、学習機会の拡充に取り組んでいます。

学習支援制度

本人の主体的な学習を支援するため、業務に直結する資格を取得した従業員に対して、資格取得にかかった費用や授業料等の一部を補助し、祝金を支給する制度を設けています。
<学習支援制度の対象となる資格例>
  • ・マイクロソフト オフィス スペシャリスト(共通)
  • ・簿記(財務部)
  • ・社会保険労務士(人事総務部)
  • ・キャリアコンサルタント(人事総務部)
  • ・消費生活アドバイザー(お客様相談室)

※( )内は資格が直結する部署

DyDo通信教育講座の開講

ビジネスに必要な資格取得や知識の習得を通じて個人のスキルアップを促進するため、会社が指定する通信講座を修了した際に、受講料の半額を還付する制度を設けています。

eラーニングの導入

一般的なビジネススキルの習得を目的に、全額会社負担で「e-ラーニング」を導入しています。

従業員の健康管理

従業員一人ひとりが心身ともに健やかな状態で業務に取り組めるよう、健康診断やストレスチェックなどで定期的に健康状態を把握するとともに、従業員の健康意識の向上や健康活動の促進に取り組んでいます。
健康管理のための主な制度
定期
健康診断
40歳未満の従業員を対象に年1回の健康診断を実施。
人間
ドック
40歳以上の従業員は年1回人間ドックを受診(費用は一定限度額まで会社負担)。受診結果が一定基準を満たした場合に「健康報奨金」を支給。
婦人科
検診
一定の要件を満たす30代の女性社員に婦人科検診費用の一部を補助。
ストレス
チェック
全従業員を対象に年1回実施。2018年度の受診率96.0%。
健康窓口 ストレスや健康に関する不安などについて外部相談窓口にメールおよび電話で相談可能。
医師面談 ストレスチェックで高ストレスと判定された従業員は、希望により医師と面談可能。
メンタル
ヘルス
教育
メンタルヘルスに関する研修(eラーニングまたは座学)の受講を必須化。
インフルエンザ
予防接種
インフルエンザ予防接種にかかった費用の一部を補助。
禁煙
サポート
禁煙に取り組みたい従業員をサポート。
2019年9月現在33%の喫煙率を2021年度末(2022年1月)までに20%まで下げることをめざす。
食事・
運動・
睡眠習慣
サポート
従業員の健康意識向上をめざし、健康管理アプリの活用を推奨。

ダイドークラブ認定制度

従業員の心身の健康増進を支援するために、一定条件を満たしたスポーツや文化活動をクラブとして認定し、活動費用を補助する制度を設けています。認定条件には、複数部門の従業員が所属していることが含まれており、社内コミュニケーションの円滑化にも繋がっています。
これまでにスポーツ活動ではランニングやフットボール、文化活動では幅広い知識やビジネススキルの習得をめざすクラブなどが認定を受けています。

生産性向上に向けた取り組み

従業員の生産性向上を目的に、お昼の休憩時間中にコーヒーを飲んで15分間の昼寝をする「カフェインナップ」を推奨しています。コーヒーに含まれるカフェインの覚醒作用は、飲用から20~30分後に現れ、その覚醒効果は6時間以上持続すると言われています。また、15~20分ほどの昼寝にはリフレッシュ効果が高いとされています。「カフェインナップ」を行った従業員からは「すっきりとして午後からの仕事に取り組める」「生産性があがった」という声が寄せられています。